スポンサーサイト--------(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バインディング修正とかロゴ作成2014-11-24(Mon)

11月24日 バインディング修正とかロゴ作成




gu461.jpg

前回届いたギター専用クリアですが、半々の希釈では私の
ミニコンプでは力不足でしたので、3倍に希釈してみたら、
ちゃんと吹き付けられました。

このように、スプレーの段階から艶のある塗装ができると、
後々の鏡面仕上げも幾分楽できるかもしれません。






gu462.jpg

さあさあ、クリア塗装のためにネックのバインディング部分の
マスキングを剥がしましょう。

黒のステインがマスキングテープに浸透して、真っ黒になって
いないかと心配でしたが、大丈夫なようですね。






gu463.jpg

早速やっております。 木肌が見えてしまいました。
マスキングが浅かったようですね。




gu464.jpg

この辺は、バインディングまで塗装を被せるか迷っていたのですが
こうなったら剥がすしかありません。





gu465.jpg

400番の水研ぎペーパーを鋭角に切ってステインを剥がしましたが、
イマイチ、パキッとしない気がします。

他の方はどうしてらっしゃるんでしょうかね?




gu466.jpg

剥がし過ぎたところを再度着色すべく、またマスキング
しております。
やれやれ、またチマチマした嫌いな作業です。
引き出しに眠っていた、鼻毛カット用のハサミまで持ち出しました。

私、自分の指先で手に負えないサイズまで小さくなると、
心が折れる傾向にあるようです。。





gu467.jpg

お気に入りのナイロン筆セットの残りを使います。





gu468.jpg

何とか、虫眼鏡で見ないと分らない程度に粗は隠せました。

これからロゴを貼り付けねば。。




gu469.jpg

プリンタはインクジェットしか手元にないので、糊が白地だという
これを使いました。
500円ぐらいでしたかね。
ハガキサイズが3枚入っているので、他にも使えそうですね。






gu470.jpg

はい。パチモンJacksonの完成です。

勿論、本物とはサイズも貼る場所も変えました。

私の屋号などは何一つ思いつかなかったので、今回は
グローバー伯父さん、堪忍してください。

肝心のシールの不透過性(隠ぺい率)ですが、白地の糊シートを
2枚重ねれば下地の黒が目立つことはありませんでした。

プリンタの黒インクと、ステインの黒とが微妙に違いますが、
その辺に完璧を求めるときりがないので、これで良しとします。




gu471.jpg

この辺の諸々の粗さが、クリアのトップコートで誤魔化せることを
期待してやみません。。





にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
ブログランキングに参加しました。よろしければクリックをお願いいたします。






スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。