スポンサーサイト--------(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペグ穴開け2014-06-14(Sat)

part3はこちら

6月14日  ヘッド成形





gu205.jpg


十分時間をおいてクランプしたつもりが、少し横滑りを起こしておりましたので、
隙間を強制接着しております。
ま、ここはいずれバインディングで隠れてしまうところなので、気にしません。






gu208.jpg

35Guitarさんに置いてあったESPの製図を改めて確認したところ、
全く同じに作れることが分りましたので、そのようにヘッドに直接書こうと
奮闘したのですが、ヘッドに角度が付いておりますので、書きにくいことこの上なし。

方眼紙なんて、35年ぶりに買いましたわ。

さ、まずはヘッドの形にカットする前に、ペグ穴を開けておきましょう。






dg0.jpg


ペグ穴は10㎜のビットで穴を開けるんですが、ワタクシ、
真っ直ぐ穴を開ける技術が御座いませんので、上の丸棒を使って、
先にドリルガイドを作らねばなりません。






dg1.jpg


マスキングテープきっちりにノコを入れて真っ直ぐ切ります。
この時、丸棒を回しながらやると失敗が御座いません。






dg2.jpg


おお、珍しくバッチリ切れました。





dg3.jpg


この棒に10㎜の穴を開けて垂直ガイドにするんですが、進入時の
ビットを誘導するために先に錐で穴を開けます。






dg4.jpg


この真ん中の刃先を誘導するんです。





dg5.jpg


はい、半分穴を開けました。これ以上の深さに真直ぐ
穴を開けられるなら、ドリルガイドなど作りませんし、要りません。
なので、裏返して同じことをして貫通させます。





dg6.jpg


垂直にドリルを保てればいいので、これでOK、OK






dg7.jpg


こんな感じで使います。 下に敷いた材料に真っ直ぐ刃が降りる寸法です。

丸棒を手で直接持つには危なすぎますので、必ず写真の
パワークランプか何かでビットと指を遠ざけます。






gu209.jpg

いよいよペグ穴を開けます。
さっきと同じように下穴をセンターに開けてと。






gu210.jpg


このぐらいまでは私でもドリルを真直ぐ進めますが、こっから先が
ぶれたり、腕や目の錯覚で、フリーハンドでは無理と判断しております。






gu211.jpg


あ~あ、またやっちゃったよ。
マジかよ~~。
ガイドを置くと下が見えんから、ちょっと油断するとすぐこれや。
切れすぎるビットもかなんの~。






gu212.jpg


裏側を確認しましょう。

こっちもかよ!!
ちゃんと下にあて木を密着させたつもりなのに、チップ
しちゃってるよ。。。

なんだか失敗ばっかりしとる。。





gu214.jpg


諸々を修正いたしました。

なんとか綺麗にペグ穴は並んどるんでよしとしましょう。
まさか自分でペグの穴を開けるとは夢にも思いませんでしたわ。






gu215.jpg

ザックリとヘッドの形をレーザーソーで切り出していきます。






gu216.jpg

こんな感じです。
なんぼかJacksonに近づいてきましたね。

しかし、ロゴはどう作るんかいな?
白色はプリンタでは出せないんだけど。。






gu217.jpg

ヘッドの上側は直線なので、この前作ったトリマーの直線ガイド
を早速使ってみますよ。






gu218.jpg

クランプが届かなかったので、ヘッドを切り出した端材を足してます。
このクランプがけは、横滑り防止が主目的なので、これでもOKでした。






gu219.jpg

う~ん、できてますね。
トリマー付属の6㎜のストレートビットを使いましたが、ちょっとずつ
横に押し当てて、何度も何度も上下させれば、焦げ跡もちょっとで
済みました。

きっとこのビット仕様がトリマービットのデフォルトなのだと思います。
誰もメイプルやアッシュのような硬い木で家具や敷居は
作りませんもんね。

焦がさないように、鋭利な刃先を保ち、慎重に使えば、
堅木でも、なんぼかは使えるでしょう。







gu220.jpg

よしよし、バリが出とるけど、十分な直線に削れとる!!
思った分のマージンも残せとる!

自分の考えた方法で治具が上手く使えた時は、この上なく
幸せな気分になって「俺は間違ってなかったんだ」という
安堵感も得られます。






gu222.jpg


もう、これでヘッド周りのタイトな所は済みましたので、
後は好きなように形を整えて、表面を面一に均して終わりですね。






gu221.jpg

おまけです。

本に、ノコ引きの時、最後の木の欠けを防止する簡易な方法として
マスキングテープを貼れば、バキッといかないよと書いてありましたので
試しました。

こちらも、いけてますね。
1600円も出した甲斐がありましたね。

ホントに、私が書籍を買うなんて、よっぽどのことですからね。
「書籍費=ネット月額料」と最近は計算してますからね。

私って、そんなにケチですかね?

でも、新聞は毎日欠かさず読んでますよ。
木工を極めていける平和な日本が何より大事ですからね。

私は護憲派ですよ。
憲法9条を守ろうと言っているノーベル賞の大江さんや
グラミー賞の坂本さん達の方が、どう見ても賢い人たちですしね。
付いて行くのはそっちの方です。








にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
ブログランキングに参加しました。よろしければクリックをお願いいたします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。