スポンサーサイト--------(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

工作台のリビルド2014-05-23(Fri)

最近、自分の工作の精度の低さに嫌気がさし、ワシはなんでこんなに
ヘタクソなんだろう?と自問自答しておりました。

そして導けた一つの要素が、工作台が小さすぎ、なおかつ工作台そのものに
基準となる面も線もない。
ということであります。

天板を作り直しただけですが、大分神経を使いましたよ。






5月23日  環境の整備をしております




wt0.jpg

私の工作の殆どは、この30×27cmの天板を持つ自作の工作台で
行われております。

どれだけの小物を作り出したかわからない程便利な工作台で御座います。

もう10年以上使っておりますので、随分くたびれてきました。


wt10.jpg

裏はこの通り。
2×4材で足を作り、ちょこっと木組みをしております。
確か、実家のお風呂の修理の時の端材です。
足がやたら太いのは、ある程度の重さが要るからです。

2×4とかSPF材とか言われますが、柔らかくて工作し易いので
私は大好きです。


wt1.jpg

これは新しい天板を罫書いているところです。
12mmの合板ですが、これも在庫ですので、2枚継ぎ足しとなります。
差し金の良いやつが欲しいですが、ステンレスは余裕で1000円を超えてしまうので、
200円で買ったスチールのものをいつまでも使っております。
少し難しいですが、垂直に罫書くのに、差し金に勝るものは御座いません。



wt2.jpg


工作台をリビルドするということは、その時工作台が無いということですので、
こいつで代用いたしました。
胡坐をかいて作業をするのが、あまりに腰に辛いので作った腰掛で御座います。



wt4.jpg

無事にクランプをかけることができましたので、ノコ引きも正確に
行えます。
クランプでしっかり固定すると、手で抑えるより力が逃げないので
楽もできます。



wt3.jpg

Zソー265の切れ幅が1mm近くあり、しんどい思いをしましたので、小物用に
こいつを新調いたしました。胴付ノコと同じ長さですが、厚刃ですので邪魔な
補助金具がありません。 



wt5.jpg

さすがに薄刃のレザーソーよりはしんどいですが、Zソー265よりは随分力が
節約できました。
恐らく、今後の厚物や引き割りのメインとなるでしょう。



wt6.jpg

足の真ん中にくる部分の補強です。
2枚の合板をつなぐと同時に、その後の反り止めも兼ねております。




wt7.jpg

今回のように、ネジ穴開け、ネジの皿掘り、ネジ締めを同時進行する場合は
この様なラッチ式の交換ビットがあれば、いちいちチャックを締め緩めるより
10倍は楽に、早く作業できますのでお勧めです。



wt8.jpg

ああ、また空ける場所を間違えておりますね。
ま、いつものことです。 気にしない気にしない。



wt9.jpg

そんな時はノコ屑と白ボンドでパテを作って埋めればおしまいです。
こんな時、高価なタイトボンドは決して使いません。

ですが、タイトボンドを使うようになって、白ボンドの乾燥の遅さに
苛立ちを覚るようになりましたので、新しく500mlの速乾白ボンドを購入しました。

そうそう、ロイヤルホームセンターにタイトボンドの小瓶が新規参入しておりました。
ギター作りが流行っているのかもしれません。



wt11.jpg


はい、32×37㎝の天板が完成しました。
足の外径が22×22㎝なので、グラグラしないで使うには、
この大きさが限界でした。

天板についている当て木はネジで固定してあります。
いわゆるストッパーの役割を成す重要な部分なので、今回は水平と垂直を
きっちり出しております。45°の角度が出せる当て木も作りました。

この後、さっきの木パテを平らに削り、半端に余った者同士を混ぜた
油性ニスで仕上げて完成です。

無塗装の天板は、ササクレ易く、水を吸収してしまい何かと不都合
なので、私は必ず何かしらの塗膜を施します。




wt12.jpg

こちらも新たに天板を作りました。
50×65㎝のいっぱしの作業台です。



wt13.jpg

以前使っていたダイニングちゃぶ台の足だけを流用しましたが、
2本の足のラッチが壊れておりますので安定が不安です。

こちらも1×4材を使って天板の反り止めをしましたが、
合板が元々反り返っておりましたので、水をかけて反りを戻す手間の方が
面倒だったです。

裏まで塗るにはペンキが足りませんでした。

自分の工作精度を少しでも高めるべく、せっせと
この様なものを作っておりましたが、その間にワタクシ、
大切なものを失くしてしまいました。

次回に引っ張ろうかと思いましたが、次回まで引きずっている自分が
可哀想なので今書きます。

「ハカランダ指板の柾目のメイプルのストラトネック」が、

1Kのアパートのどこを探しても見当たりません。
恐らく、大事を取ってペグを外した際に、古新聞入れの
大きなビニールに暫定で放り込んだのを忘れてしまったのだと思います。
ペグを取るとネックは凄く軽いのです。

勿論、そのビニール袋はもうありません。

犬の家出なら帰ってくる可能性もありますが、ネックは歩けません。
あ、ちなみにコジロは6月10日で16歳ですが元気いっぱいです。


せっかくあのネックのためにアッシュ材を買い込んだというのに、
最近オークションでも、ろくな出物が御座いません。


茫然自失、五里霧中、暗中模索とは正にこのことで御座います。






にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
ブログランキングに参加しました。よろしければクリックをお願いいたします。







スポンサーサイト

テーマ : 木工
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。