スポンサーサイト--------(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラディッシュを栽培2010-07-08(Thu)

シソやネギを育てているうちに、なんとなく、どうせやるならちょっとの種類でも
多くても同じではなかろか? と感じ始めました。
「観察や世話のためにベランダを見ることや、ジョウロに移すために水道をひねる」
という作業は、その多寡にかかわらず、ほぼ毎日するようになったからです。

能書きはさておき、知り合いに聞いたところ「ラディッシュは本当に二十日でできる」
ということなので、半分「ホンマかいな」と疑いつつラディッシュどんに挑みます。




5月22日  種まき

20daikon-tane.jpg

近所のホームセンターで購入。141円だったような?
棚にはチビ大根や長い二十日大根もあったのですが、初めてなので自分のイメージにある
こやつを選びました。その名も「赤丸二十日大根」。 二十日大根といえばこれでしょう!!


初めてプランタなるものを買いました。
pranta1.jpg
長さは普通の半分ですが深さは15センチ程のを100均で購入。  


種の袋に書いてある通り、土に穴掘って3、4粒ずつまきました。
radhish1.jpg

発芽率は85%と書いてあります。
何日で芽を出すか、    楽しみ楽しみ。


ところで二十日大根とラディッシュの違いってなんなんでしょうか?
どこかで線が引かれてるんだろか?  よくわかりません。








5月25日 発芽!!

出てきました!! ちっこい丸っこい葉っぱが!!
radhish2.jpg
種まきから3日目。
二十日大根の名前の通りなら、あと17日で収穫できるんですね。
ホントなら素晴らしい速さですね。






5月29日  すくすく

順調に成長中のようです
radhish-suku.jpg
大して暑くもないのに1日で表面がカピカピになってしまうので、このプランタには
毎日たっぷり水をあげています。







6月5日 成長中

radhish-suku2.jpg
なんかワシャワシャしてきました。


radish-hutaba.jpg

この丸っこい葉っぱを「双葉」といい、その次のぎざぎざの葉っぱを「本葉」
ということをネット巡りしていて知りました。  そうだったのか・・・

よくある名前の「双葉ちゃん」の意味は、ちっこくて丸っこくて可愛い。
ということだったのだ!!         感動。


「本葉ちゃん」       聞いたこと無いなぁ。






さておき、今日は私、じぇいく。
人生初めての間引きをしたいと思います。
といっても、初めて育てたラディッシュどんをハサミで切ってしまうのは
何とも気が引けます。



別のプランタを用意しました。
pranta2.jpg
土はアルカリ性の方が良いらしいので味付け海苔に入っていた乾燥剤
(石灰と明されてます)を混ぜて、我ながら万全の体制を整えたつもりです。




試しに引っこ抜きました。
ra-mabiki1.jpg
思っていたよりずっと深く根を張っています。
植え替え先のプランタはそんなに深くないのでちょっと心配。


間引き完了
ra-prant-ma1.jpg

ra-prant-ma2.jpg
茎を折ったりしないか、根っこをちぎったりしないかとか、結構神経を使ったので
疲れてしまいました。
空いてるところに新しい種もまきました。








6月12日  二十日大根 名前 返上

1週間たち、葉っぱは元気に育っていますが、丸っこい大根のような
ものは見当たりません。
ああ、二十日が経ってしまいました。
radhish3.jpg
茎の赤いところがそうなるんでしょうか?

きっとそうなんでしょう。


間引き苗を植え替えた方は大分成長が遅れています。
rad-uekae.jpg
後からまいた種も芽を出していますが、日当たりが悪いところにあるせいか、
元気がないように見えます。



2度目の間引きをしました

情報によると、やはり赤いところが太って大根になるので「土寄せ」をして赤いところを
外から見えなくせよ。とのこと。
ra-mabiki2.jpg

葉っぱまで土に埋もれましたが、まあ良しとします。
じぇいくはド素人なのでそんな上手にできません。


間引いたやつはこんな感じ。
ra-mabiki3.jpg
食べてしまおうか・・・



やっぱりちょっと育ててみたい。
ra-prant-ma3.jpg
大きい大根と並べて水耕栽培のつもり。
スーパーで買った大根やニンジンは、こうやって水につけておくと
葉っぱが再生されるので、青いものがちょっとほしいときに結構便利です。

毎日水を替えないとすぐ腐ります。






食べました。
rad-yaki.jpg
全然大きくならないので、焼きそばの付け合わせとして食べました。
紅ショウガに負けて、味はわからなかったです。






6月30日  まだかなぁ・・

種まきから40日
radhish4.jpg
葉っぱは元気ですが、肝心の大根はできているのでしょうか。


葉っぱをどけて、土をちょっとほじくってみました
radhish5.jpg
わずかに二十日大根らしくなっていますが、もう40日やぞ・・

一番大きいのでこんな感じ
radhish6.jpg
む~~~。   


葉っぱが混み合っているせいかも、と思い、
radhish7.jpg
間引いて食べました。 生ではちょっと青臭いです。炒めた方がいいかも。








7月5日  収穫します

二十日大根が45日もかかって成長しないのは私、じぇいくに何かの落ち度があるはず。
radish8.jpg
よさそうなのを先に引っこ抜きました。 こんなもんかぁ~~~?


まあええわい。全部引っこ抜いたれ。
radhish9.jpg

やったれやったれと、もうひとつの間引いた苗を移植したプランタのも全部抜いてしまいました。
radhish11.jpg
こっちは膨らんでいるのが一つもありません。  
日当たりのせいか、土のせいか、原因は何も特定できません。


洗いました。葉っぱも折れたり、黄色くなったりしてます。
radhish12.jpg
写真よりも実際はもっと小さいです。最大で直径2㎝でした。
せっかく45日もかけて育てたので、食べられそうなやつは全部食べます。


割れているのを発見。
radhish13.jpg
なんでだろう・・・ 水は切らさなかったはず。

移植したプランタの方は全部こんな感じでした。
radhish14.jpg
う~~む。      声も出ず。






食べました。 結構、美味しかったです。
radhish15.jpg
ツナサラダにしました。魚の生臭みを葉っぱが中和してくれました。
大根は辛くなく、堅くなく、とても良い感じでした。





7月6日  終了  

収穫は圧倒的に葉っぱの方が多くなりましたが、葉っぱも立派な「食べ物」
なので初ラディッシュチャレンジとしては「良し」とします。

西郷どん=桜島大根

そんなラディッシュどんを目指して、じぇいくはリベンジを誓うのでした。

Part2へ続く

スポンサーサイト

テーマ : 家庭菜園
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。