スポンサーサイト--------(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

'82製 Jフェンダー ノイズ対策、フロイドローズ(FRT5コピー)のメンテナンス等2014-06-22(Sun)

3か月に及ぶ修理で、すっかり元気になった私の古いフェンダージャパン
のストラト。

最初は生き返ったことが嬉しいばっかりでしたが、弾いていくうちに、
あれこれと不満が出てまいりました。

もうちょっとネックを真直ぐにしたいな、とか、やっぱりちょっとジージー
ノイズが出るな。とかです。

久しぶりに弦交換したついでに、そんな諸々をば。








2014年6月22日  心躍る梅雨




gu223.jpg

修理の際に新調したポットです。  舶来ものです。

ちょっとピックガードからノブが離れすぎてるんですよね。
調整ナットが付いていると思うんで、やってみましょか。





gu224.jpg

お、ミリ規格のレンチで行けましたね。 ラッキー。

皆さんも、傷だらけになるのでラジオペンチでこのような
作業をするのはなるべく避けましょうね。






gu225.jpg


また木工かい。。







gu226.jpg


はい、できました。

調整ナットがもう一個、付いていると思ったら無かったので
上記のベニヤで2mmぐらいのスペーサーを作ったわけです。
瞬間接着剤で固めたので強度もOKかと。







gu227.jpg

上からワッシャを被せて。






gu228.jpg

出来上がり。
うん、いい感じじゃないでしょうか。
違和感は無くなりました。







gu229.jpg


お次はこれ。
ピックガードに銅箔を貼るだけでは「ノイズ対策した」程の
満足感はなかったので、コントロールキャビティーにも同じ処理を
施したいと思います。








gu230.jpg

こんな感じです。下の塗装は剥がしていません。
金属のテープですので、作業性は悪いので、できるだけ
カットして余ったテープも継ぎはぎして使いました。
継ぎ目はハンダで繋げてあります。
テープの上にテープを張ると粘着面で絶縁されてしまうので
このハンダでの導電処理が要るわけです。

storkさんを参考にさせていただきました。
諸先輩方が惜しげもなく技術を公開してくれているので本当に心強いです。

肝心のノイズ対策の効果は絶大でありました。

此処はケーブルテレビでないとテレビも見れない程、ノイズが酷い場所にありますが、
アンプからはジーともブーとも一切聞こえません。


「キャビティーの銅箔にピックガードの銅箔が触れ、それにポット(鉄)が
触れることでノイズを一つにまとめ、ブリッジアースへと逃がす。」

理にかなっておりますね。

心配したハイ落ちも無く、、舶来のポットを奢った甲斐があった
っちゅうもんですわ。







gu231.jpg


次はこれ。
これまた30年以上前のゴトー製フンドシローズ。
1~3のプレーン弦のブロックが鈍ってきましたので、
弦が抜けるはチューニングは狂うわで、なんともかなわん。。








gu232.jpg


細めの鉄工ヤスリで平面を出し直しましょう。
最近、ヤスリは嫌と言うほど使っておりますので
柔らかいダイキャストを削るぐらい、楽なもんですわ。

でも、本家フロイドローズの鋼鉄の固い音より、
ふくよかな感じがして、ダイキャスト製のパチモンも
私は好きなんですよね。







gu233.jpg


gu234.jpg


ヤスリで削って傷だらけですと、そこから弦が切れますので、
金属磨きで滑らかにします、

これを再度はめ込んでブリッジのメンテは終わり。







gu235.jpg


お次はこれ。
このネック、細いうえに指板が丸く処理されておりましたので、
1弦がフレットから落ちちゃうんですよ。

不幸中の幸いで、ネックポケットに隙間がありましたので、
写真のように、エイヤと斜めに傾けて1弦側をブリッジから
遠ざけ、ネックを固定し直します。








gu236.jpg

弦は私の大好きな、ダダリオの0.10~0.46です。
良くも悪くも、ギターのそのままの音を出す弦です。
最近は安くなりましたねェ。




gu237.jpg

うん、丁度いい感じですね。

ん?待てよ。
前に外した時に、ワシが仕込みを間違っとっただけか。。
まあ、エエワ。







gu238.jpg


ついでに、順反りが気になったので、ロッドを1/4程締めこみました。
大分、真直ぐに近くなりましたね。



するとどうでしょう。
弦高が下がっただけでなく、テンションも弱まり、ガットギターのように
巻弦が鳴りだしました!!

私が恋焦がれていた音で御座います。
ピッキングで強弱が自由自在につけられます。
生音ででいつまでも弾いていたい音で御座います。


これから、この娘とどこまで行けるんかな!!
新しいアンプやエフェクター買おうかな!!
ハードケース新調しようかな。
近所のスタジオにマーシャルは入ってるかな??



45歳のおっちゃんは、久しぶりに心が躍りまくっておりまする。







にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
ブログランキングに参加しました。よろしければクリックをお願いいたします。










スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。